S M L

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» その他

目次




投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2007-9-10 2:57  更新日時: 2007-9-10 2:58
 ユーザー車検
ユーザー車検に行ってまいり


ました!


HUMMER H2は日本に入れるにあたり色々な条件を満たすために、登録時に改修されています。

とりあえず、車検前に修正しなければいけない箇所を事前にやっておきます。

1,リアルーフ部マーカーセンターを点灯不可に
2,ハミタイなのでオーバーフェンダーの装着
3,サイドステップの斜め付け
4,前照灯の位置修正(これは、実測されないと思い事前にはやらなかった)

とりあえず、こんな感じに前日に改修していざ陸事へ!!


書類を提出して検査ラインへ。

ラインへ行くと、物珍しいのか検査官が5〜6人位集まってHUMMERを取り囲む・・・

検査官同士で「車台番号はこの車は何処に打ってあるんだ?」「エンジン形式は何処だ?」とか言いながら、外観検査を済ませる。

国産車では滅多に見られない、サードシートのシートベルトの数が定員分有るか、メーター部にシートベルトのサインが点灯するかなどまで調べられた。

当然、タイヤのはみ出しも見られ、恐れていた前照灯の位置を検査後に実測すると言われてしまった・・・


検査ラインは

サイドスリップ   ○
前ブレーキ     ○
後ブレーキ     ○
駐車ブレーキ    ○
スピードメータテストは、HUMMERのホイールベースフルタイム4WDの検査機器が無い為免除
ヘッドライト光軸  ×
下回り       ○

やっぱり光軸で不合格。

すぐに予備検屋に行って調整してもらい合格に


そして問題の前照灯の位置実測。

2100ミリの車幅に対して左右のライト間が1330ミリ。

2100−1330÷2=385

日本の車両法では、前照灯は車両の最大側より400ミリ以内と決められていて、15ミリ足りない・・・



どうするか、陸事内で考えついたのが、ヘッドライトの取り付け位置を15ミリ外側へずらすこと。

HUMMERのボンネット部分はFRP製の為、容易に加工が出来る。


ヤスリを使ってギコギコ15ミリ外側へ削っていく。

削り終わって取り付けると、なんとしっかり取り付けられない

もう光軸検査は合格しているので、向きは関係なくギリギリ取り付けネジが掛かる所で取り付けて測定に。


検査官とメジャーを当てて測定すると
ピッタシ400ミリ!!


そんな感じで、全て合格し無事に車検証が発行されました


また2年後、頑張ろう


費用

検査代       1500円
自動車重量税   75600円
リサイクル料    23160円(払い済みの場合は不要)
自賠責保険25ヶ月 31880円

計        132140円

-------------------------------------------------
その他
予備検(光軸調整) 2100円  
からおけ
投稿日時: 2008-4-25 2:03  更新日時: 2008-4-25 2:03
長老
登録日: 2007-8-25
居住地: 練馬インター
投稿数: 813
 Re: ユーザー車検
たいへん、参考になりました
からおけ
投稿日時: 2008-4-25 2:03  更新日時: 2008-4-25 2:04
長老
登録日: 2007-8-25
居住地: 練馬インター
投稿数: 813
 Re: ユーザー車検
間違えて、二段構えになりまして